その他

野口英世の解剖ノートが発見

投稿日:2017年12月19日 更新日:

日本が誇る細菌学者 野口英世の解剖ノートがガーナで発見されたというニュースが私個人的に非常に興味深い

Sponsored Link



私は医者でもなければもちろん細菌学者とはかけ離れた世界にいる人間だが、野口英世という人物が非常に尊敬に値するし私の好きな日本の偉人である。

もともとは両親が野口英世が大好きで、子供のころから彼の伝記を寝る前に読んで聞かされて育った。 

彼は現福島県会津若松猪苗代町の貧困の家庭に生まれ母親が相手にできなかったため囲炉裏に落ちて手にひどい火傷を負った。 それを治療してらい医学のす素晴らしさを知って、医の道を選び世界的な医学者になることは知られていること、 

私は今リアルタイムで作家 渡辺淳一氏の〝遠き落日″を読んでいたときの彼に関するニュースなので記事にしてみる事にした。

野口英世はこのノートが発見されたガーナで研究していた黄熱病に自らかかり発症し人生を終える。 
 
そのノートだが、野口英世が死亡した原因が黄熱病であり、それが死亡の原因の証明となるものらしい、  私が子供のころから読んだ本にも今読んでいる本にも野口英世は研究していた黄熱病にかかって死んだと書かれているが、それは今までは証明するものがなかったということか。  

今回のノートが見つかったことにより、日本が誇る偉人の記録が少しでも増えたことは非常に喜ばしいことである。  

私は今の会社に入社してすぐに福島県に2年ほど勤務した、 その時に両親をが私を訪問してくれたときに一緒に会津若松城やこの野口英世記念館に行った、 このノートが猪苗代の野口記念館に寄贈されるなら、いちファンとして見に行きたいものである。

ちなみに子供の頃に読んだ野口英世の伝記では金にだらしのない人柄はまったく書かれておらずいかにも真面目な医学者というイメージであったが、渡辺氏の遠き落日を読んでいると、とんでもない金遣いの荒さに借金まみれと、女癖の悪さでチンピラ的であったが、彼の医学発展のための研究、努力は本物でそこは野口英世の欠点をカバーして有り余るほどであると思う。
またあれほどの人間にも欠点があり、完璧ではなかったということが逆に安心と希望に感じる。 

彼の言葉で私が左右の銘としている言葉がある

過去を変えることはできないし、変えようとも思わない。人生で変えることができるのは、自分と未来だけだ。

よく人々は過去にああしておけばよかった、 こうしておけばよかったと思うことが多い、 もちろん私も過去の行動や言動に後悔することが多々ある、しかしながらこの名言のように過去は変えることができない。 自分でコントロールできないことに悩み、時間を取られる暇があったら、今自分ができることをしようと思って日々生きること そう叱咤激励してくれる言葉である。

Sponsored Link




Sponsored Link




-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

山本譲二 実は喧嘩上等

演歌歌手の山本譲二氏、実はもう67歳になっておられるという、 しかしながら見ためはまあ若々しく、 さらに過去には喧嘩の仲裁に入ろうとして喧嘩になってしまったという過去があるらしい。 たしかに、日に焼け …

2018年年始のテレビ視聴率を見てみた

2018年年始も色々な番組がやっていたが、 以外にも視聴率が伸び悩む番組があったり、と今後の視聴率争いの戦略の難しさをみせた。 年始の番組の全部は載せていないが、視聴率から見る、テレビ番組やタレントな …

no image

X-MEN プロフェッサーの声優が死亡

X-MENでのプロフェッサーXことチャールズエグゼビアやフランダースの犬の声優をされていた大木民生さんが亡くなった 89歳だった。 X-MEN映画はシリーズもX-men、X-Men2 そしてX-Men …

孤独死はどのような死因が多く、そして予防、対策をしていくべきなのか? 

孤独死はもはや老人などの後期高齢者だけの死因ではなくなってきている、 比較的まだ若く、とても死を考えるような年齢ではない人も多く孤独死で命を落としている。 演歌歌手の大御所で御年81歳になる北島三郎さ …

高級時計を盗まれたアンミカのダンナ セオドール・ミラーとは?

モデルのアンミカさんの自宅に侵入し高級時計が盗難されたが、 なんと犯人はアンミカさんのマネージャ、、  マネージャが盗むなんてもう誰も信用されないですね スポンサーズリンク 今回の事件 マネージャの滝 …