芸能

和久田麻由子アナがNHKの朝の顔になるのか?

投稿日:2018年1月13日 更新日:

NHKの有働由美子アナ(48)が、今年3月いっぱいで「あさイチ」を降板するという、 彼女のあさイチは8年も続いたと言うことでそろそろ自ら降板したいと希望したようだ。    イノッチことV6の井ノ原快彦(41)とのコンビで、番組を同時間帯視聴率トップに押し上げた貢献者。

私は朝に時間があるときは必ず連続テレビ小説を見てその後に始まるあさイチで有働由美子アナとイノッチの連続テレビ小説のお互いが感想を言い合うのが好きだった。
しかしながら、NHKは3年に一度に定期異動がある中、8年も続けたというのは異例 なので変更があってもしょうがないところだ

Sponsored Link



さて新しいキャスターだが、 この番組は今や朝の人気番組、NHKも新人や経験のないアナウンサーは使うことはしないだろう。
その中で 和久田麻由子アナが候補の一人に上がっている。

私は和久田麻由子アナはあまり知らなかったのだが、東大卒の才女、 プロフィールから見てみた。

プロフィール
名前    和久田麻由子 (わくいまゆこ)
生年月日   1988年11月25日(29歳)
出身    神奈川県 川崎市
学歴   東京大学経済学部
勤務局   NHK放送センター
部署   東京アナウンス室

Wikipediaより

大学は上記にも書いた通り東京大学の経済学部、そして2歳から5歳まではアメリカはテキサス州ヒューストンで育ったようです。
両親について調べたのですが、 あまり詳細は書かれていなかったですが、 父親の職業は公務員と書かれているブログもありました、公務員での仕事でアメリカのテキサスに転勤か出国されていたのでしょうか?

テキサスのヒューストンといえばNASAがあるところで、あとはシェールが有名になりオイル関係の会社が多く、オイルマンとカウボーイの州というイメージが強いのですが、 もしかして公務員で国の機関などであれば外務省勤務でヒューストン日本領事館などの可能性もありますね。

2011年NHK入局。岡山放送局勤務2014年に東京アナウンス室に異動となり、おはよう日本のメインキャスターに抜擢される。 入社3年目にしておはよう日本のメインキャスターになるなんて、 あのビジュアルだけでなく実力もあるんでしょうね、 やはり東京大学経済学部卒の肩書は伊達ではないです、 

その抜擢のおはよう日本のメインキャスターから3年が過ぎ4年目に入るのでNHK恒例の異動人事があるころからもしれませんので、

可能性としてはあさイチ、または タモリさんの相手もうまくできそうなので ブラタモリのアシスタントも可能性が高いような気がします。

経済学部を出ているので 報道関係に希望をしそうな気もしますが、 スタイルも抜群で顔も綺麗なので、朝の顔としてNHKは使いたいのか、 それともタモリさんの掛け合いを行う、 美人アナとして注目を浴びていくのもいいかもしれません。

まだ和久田麻由子アナは29歳と若いのでこれから いろいろな経験を積んでいいアナウンサーになっていただきたいです。

Sponsored Link




Sponsored Link




-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岩渕マネージャーああああ 

女子高生アイドル 輝星あすかさんが ツイッターで妊娠を発表しファンの間にはショックや絶望というような怒りのリプライが続いている。 Sponsored Link 妊娠とはおめでたいとことだが、 なにせ  …

嵐、相葉雅紀が結婚も前提? 

嵐の相葉雅紀の熱愛報道でファンやメディアが騒いでいる。 私もニュースをみて思ったのだが、嵐のメンバーもほとんどが30才を超えている、 いつまでも若々しい彼らだがもうそんな年になってたとは。 相葉雅紀も …

ドラマ『女子的生活』の美脚男子、志尊淳は本当に女性的?

今日、少し遅いがドラマ 女子的生活を妻が持っていたので一緒に見てみた、その主人公の男子の美脚に驚いた。 Sponsored Link 次回最終回を迎える 女子的生活を見た、 主人公の小川みきは 女装が …

2018年年始のテレビ視聴率を見てみた

2018年年始も色々な番組がやっていたが、 以外にも視聴率が伸び悩む番組があったり、と今後の視聴率争いの戦略の難しさをみせた。 年始の番組の全部は載せていないが、視聴率から見る、テレビ番組やタレントな …

アメリカンポリス24時

2017年 平成29年もあと少しで終わる、毎年思うことだが、今年も色々なことがあった。   そして12月31日の大晦日のテレビ番組といえばやはりNHKの紅白歌合戦 そして、もう一つがなんといっても、笑 …