スポーツ

韓国戦から見るハリル監督は解任されるべきか?

投稿日:2017年12月18日 更新日:

先日のE1こと東アジアカップでの日韓戦で日本が1-4という大敗を喫したことは記憶に新しい。

前回の記事にも少し日本のダメなところを書いたが、今回はこの日韓戦についていろいろと考えてみたので書いてみたい。

歴史的に日本がホームでありながら4点も失点したのは1954年で60年以上ぶりになる失態であると言えよう。

今回の大会 日本は初戦で北朝鮮を1-0破り、次に中国戦で2-1で破り、2連勝し、そしてこの韓国戦では引き分け以上で優勝という期待に日本のサッカーファンは優勝はもう目の前でよほどのことがなければ優勝するだろうと楽観的であった。 私自身もまあ優勝は固いだろうと悠長に考えてた、、、

しかしながら楽観的で悠長に考えすぎていたのは、今回戦った日本代表の選手たちそして恐らく監督のハリルホジッチも同じくだろう、 そこから油断ができたのと考えられる。

試合内容は最初の日本が先取点を取った後から試合の主導権は完全に韓国にもっていかれている、この先取点を取った時点で日本選手、監督も含めて

ああこの試合も勝ったな、 韓国も大したことはない

という言うような声が聞こてきそうな動きになった、その後 韓国チームの猛攻にやられ、立て直しができることなく惨敗

スポーツでも戦争でも、油断が思考などの精神的、筋肉などの肉体的の緊張感が緩め、そしていったん緩んでしまったのを再度復活させるには非常に難しいということだ。
まして90分というサッカーの試合のなかで立て直すことは非常に難しい。。

Sponsored Link



ハリルホジッチ監督はかつてこう言っていた

おそらく試合前には選手にヤル気と自信を促す特別な言葉を探るだろう。全体ミーティングも重要だが、ある選手には個別に話をするだろう。試合がどの方向に行くかは知らねばならないんだ。責任感もマックスにさせる必要がある。無頓着では歴史に到達することない

こう言っていたが選手達は監督の采配で試合がどの方向へ行くのかわかっていたのだろうか? キャプテンや個々の選手が責任感を持ってプレーしていたのだろうか?

この試合を見た感じでの私の考えは 残念ながら〝NO″ であり。 ハリル監督の采配には疑問を感じている。   試合に勝ち負けはあるだろう、しかし今回の日本チームの崩れて負けたのは許しがたい負け方だ。

彼が監督を辞任するかどうかは、私は判断はできないが、ロシアでの大会ではハリル戦略は通用するのか疑問である。

今回の日本チームは韓国チームにくらべて フィジカル、パワー、責任力、そして精神力においてすべて負けていた。

ハリル監督には日本のことわざ

勝って兜の緒を締めよ

という言葉を深く刻んでもらいたいものだ。

ちなみに ハリル監督はもとフォワードの選手、 私は個人的にフォワード出身の監督はあまり好きではない、なぜならあまりフィールドの全体を見るのが得意ではないような気がするからである。

Sponsored Link




Sponsored Link




-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スノーボードビッグエア、平昌オリンピックでの採点方法とコースの紹介

スノーボードのビッグエアという競技が、2018年オリンピックの競技で初めて採用された、 このビックエアはどんなスポーツなのか? そしてどのように採点されるのか? 今回の平昌オリンピックでのコースの説明 …

東京オリンピックのマスコットがア案に決定、他の案のマスコットと比較してみた。

東京オリンピックのマスコットが3つの案から ア案に決定したようだ。  他のイ案とウ案も候補に挙がっていたが、今回のア案と比較してみた。 そして今までのオリンピックでのマスコットがどのようなものがあった …

no image

ボブサップと朝青龍、大晦日に

ボブ サップと朝青龍が大晦日に対決するようだ。   この試合勝負はどうなるだろうか?  自分なりに分析してみた Sponsored Link かつてビーストと言われたボブサップ、K1時代のボブサップは …

ドーピング検査はオリンピック選手にどのように、どのタイミングで? 

今回の平昌オリンピックで日本代表選手スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(けい)選手がドーピング疑惑で問題になっている。 今回発見された「アセタゾラミド」というのは筋肉増強剤などのドーピング …

ダイエットに成功 安田大サーカス HIRO

お笑い芸人の安田大サーカスHIROがダイエットに成功して別人のようになってる。 Sponsored Link 彼は左脳室内出血を起こしたので、自主ダイエットというより、ほぼ強制的で体重を落とさないと死 …