スポーツ フード

ドーピング検査はオリンピック選手にどのように、どのタイミングで? 

投稿日:

今回の平昌オリンピックで日本代表選手スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(けい)選手がドーピング疑惑で問題になっている。

今回発見された「アセタゾラミド」というのは筋肉増強剤などのドーピングではないが、利尿作用を促進するなどで、実際にドーピングを隠蔽するのに使われたのではないかという疑いがあるため問題になっているのだ。

実際に斉藤選手がドーピングを行ったかの証拠はでていいないが、 アセタゾラミドは通常では取得することの薬品のため疑われてもしょうがないのだが、

この毎回オリンピックになるとドーピングの問題はいつも出てくる、 わが日本人選手から疑わしいことが出たのは非常に残念なことだが、このドーピングはどのように、検査されるのであろうか?

スポンサードリンク




ドーピング検査の対象者

ドーピング検査の対象者だが、 オリンピック選手はもちろん対象者なのだが、 一般に日本でのトップアスリートであれば、

RTPAというRegistered Testing Pool Athleteの略で日本語では検査対象者登録リスト、アスリートといい、 

こちらに登録された場合は、向う3か月のスケジュールとどこにいるかをAnti-Doping Administration and Management System. 「アンチ・ドーピング管理システム」という機能を使って居場所をJADAことJapan Anti-Doping Agencyに登録しないといけない。

ということはいつどこにでも検査官が来てドーピング検査をさせられるということになります、 

つまり競技の会場にいるときにだけが、検査対象ではなく、 デートでディズニーランドにいるときも、 実家に帰っているときも、 旅行で沖縄のビーチで寝そべっているときも検査官が来る可能性はあるということです。  もしかして有名人のアスリートであれば、熱愛中でデートでホテルや自宅にいるときも乗り込んでこられる可能性があると言うことですね。

日本を代表とするスポーツ選手もプライベートな時間に来られるとたまったもんじゃないですよね、普段は過酷な練習に耐えて、やっとゆっくりしているところにも来るでしょうから。

さて、この居場所を登録しておきながら、実際にその場所にいなく、運悪く検査官が来て、検査ができないとなるとどうなるのでしょうか? あとJADAに登録を忘れたら? 

もちろん ごめんねでは許されないですね(笑) そしてJADAのページによると

12ヶ月間に合計3回の居場所情報関連義務違反があった場合、アンチ・ドーピング規則違反となり、1~2年間の資格停止となる可能性があります。

とのようです。

オリンピック選手はもちろん検査対象なので、選手村にでも突然くるようで、今回の斉藤選手はそれでこのような結果になったのでしょう。

ドーピング検査の頻度

さて このドーピング検査の頻度ですが、 人によってもちろん違うようですが、 年に5回から6回、 ということは2か月に1度はされているとのこと。

オリンピックではランダムで選されなければ、一度もまったくないと言うこともあるのでしょうか?   

メダルを取った選手はかならずするという話もあります。

ドーピングの検査方法

検査は尿検査と血液検査があるようです。

検査官が来たら血液検査の場合は本人から血液を取得して検査できますが、 尿検査の場合は検査官がトイレなどに同行し、もちろん同性です、実際に本人の体から出ているかを確認するようです。

たしかに映画 ガタカで他人の尿をパックしてそれを出していましたが、 ここでは検査官がばっちり確認するそうです、 恥ずかししいですが、 そんなことは言ってられないですよね。

しかしながら、テニスプレーヤーの錦織圭選手やクルム伊達選手がブログで書かれていましたが、 一番困るのが用を足した後に尿検査の確認で検査官訪問で、すぐには出ない場合です、 それでも許されず、検査官は何時間も尿が取れるまで待ち続けるそうで、 検査官も大変ですが、選手も大変ですね。

水を大量に飲んで、何とか適量の尿を出すのに苦労したと書かれていました、 そしてクルム伊達さんは夜に用を足して10時に寝る寸前に検査官訪問で、朝の2時までやり取りで警察も来る事態になったとか、 

どうやらかなり検査官も失礼な言動で、クルム伊達選手も翌日の練習があるのでかなりイライラしたようでうす。  

オリンピックでのドーピング検査はメダルと取得した後にも行われるようで、もしそこで陽性が出た場合はメダルはく奪され、名誉もメダルも失うことになりますね。

今回の斉藤選手の場合は本人は自覚していなく、なぜそのような薬品がでたのか疑問のようですが、 なにかしら出た理由の説明がない限りは出場は厳しいでしょうね。  アスリートは自分の口に入れるものを非常に気を付けていかなければならないですね。

少し前にはカヌーの選手がライバル選手にドーピングの薬品を入れられてた問題がありました、 斉藤選手に意図的に入れられたという話もありますが、それも証明できなければこのまま失格となってしまうでしょう。  

トップアスリートになると、自分の食べたもの、飲んだものにも注意を払って行かなければならないと思うと本当に選手は栄光をつかむために相当な苦労があるのだなと思わされました。

今回のこの件でドーピングに対する検査はさらに厳しくなりそうですね。 

Sponsored Link




Sponsored Link




-スポーツ, フード

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YOSHIKI カレーは辛すぎるとリハーサルをキャンセル

YOSHIKIがダウンタウンのフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』に出演し カレートークを行うとのことらしい。 Sponsored Link YOSHIKIのカレーが辛いとキレるという話は有 …

マツコの知らない世界の和食を代表する親子丼、どのような歴史と種類があるのか?

本日のマツコの知らない世界に出演される、 鶏卵の親子丼にこだわりがあり、300種類も食べたこともある伊藤光さんが出演され、親子丼について熱く語られるという。 親子丼といえば一般的に鶏と卵で閉じたのをご …

平昌オリンピックも12日目、これまでの日本人選手の競技とメダルをまとめてみた

平昌オリンピックも早くも12日目になり後半戦に入ってきた。  これまでの日本人選手の競技と結果をまとめてみた。 スポンサードリンク 日本人選手の競技と結果 メダル数 現在までに日本は金、銀、銅と合わせ …

ネイサン・チェンが羽生結弦の金メダルを阻止するのか?

韓国の2018年平昌オリンピックが来月2月9日から始まる、 日本ではやはり羽生結弦選手が注目を浴びるだろう、前回のソチオリンピックに続いて今回も金メダルが取れるかどうかが期待される。 Sponsore …

no image

ハンカチ王子こと斎藤 佑樹選手のかつて栄光 

ハンカチ王子としてかつて、今のニューヨークヤンキースのマー君こと田中 将大選手と互角以上の戦いを収めていた斉藤祐樹選手。 高校卒業後の進路として、 プロにならず大学進学を決めた斉藤選手と、高校卒業後プ …