その他 芸能

おぎやはぎのサインは800円でネットオークションに

投稿日:2018年1月10日 更新日:

芸能人のサインがネットオークションで転売されていて、サインをした芸能人は微妙な気持ちになるという。

Sponsored Link



転売用のサインのリクエスト

芸能人がプライベートで買い物や遊んでいるときに、近づき、サインをねだるというのは多くあること、 しかしながら、ファンでもないがサインをもらってネットーオークションで転売をしているという。

T.M.Revolutionこと西川貴教が、ツイッターではこのサイン転売についてコメントをしている。 下記のツイッターで書いているように、 プライベートな時間を使って、喜んでくれると思って書いてくれてるのに、その後転売って失礼極まりない。  それをT.M.Revolutionこと西川貴教さんが痛烈に皮肉ってるツイッターだ

確かに自分が同じことをされたら悲しいし、 もうサインはしないって思うだろう。

しかし芸能人には転売されるだろうと思いながらもサインをしているという、 オセロの松嶋尚美やおぎやはぎの矢作はわかっていても気にせずサインをするらしい。

偽サイン転売

しかしながら、サインの転売がオークションで人気であることに、偽物のサインをネットで販売し大儲けするというような輩も現れている。
サインはもともと、ハンコなどの代わりでアメリカでは、サインがハンコ替わりで本人を証明する。

しかしながら、 芸能人のサインを本人かどうかを確かめる事は、本人に確認するくらいしかない。 もちろん 偽のサインを購入してしまった ファンも本人に連絡して このサイン本物ですか? なんて聞く事はできないので、 本物かどうかわからないサインに高額のお金を払うことになる。

事実ニュースによると、芸能人の偽サインの転売で1万4000千点を売却し3000千万円の売り上げたという。  もちろんその詐欺グループは逮捕されたが、
色紙に芸能人ぽいサインを書いて、そんなに儲かるのだから、 まだまだ多くの詐欺グループは存在するだろう。

ヤフオクでのオークション

ヤフオクで芸能人のサインの転売をヤフオクでみてみると、 でるわ、でるわ ものすごい多くのサインものがある、 

それに結構なお値段、Bzなんて即決では99,000円などで、35,000円まで値段が上がっていた。、後は 安室奈美恵がCMで着ていた ワンピースに直筆サインで27,8777円ってのもあった、こんなのは本物かどうかもわからないし、 もし本物だったら、これは業界人が絡んでいるとしか思えない。

おぎやはぎのサインはちなみに800円らしく、それも送料込みということで、ひどい扱いにふざけるなと怒り心頭のようだ
ちなみに現時点で最低の価格のサインは元知事の東国原さんで 500円だった。

色々と見てみると どう見ても本人ではないだろうし、誰がこんなの信じて購入するのだ? と思うようなシロモノも、 下記は柴咲コウさんのサインらしいが、お粗末すぎるでしょう。

しかしこのサインの転売、本物であってもあんまり気持ちのいいものではない

Sponsored Link




Sponsored Link




-その他, 芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サシャ・ブラウスが結婚

進撃の巨人のヒロインであるサシャ・ブラウスの声を担当していた小林ゆうさんが 結婚を発表した お相手は一般男性とのこと。 Sponsored Link 12月29日の7時半過ぎに書きのツイッターで結婚を …

SHINeeのジョンヒョンが死亡しミノが病院で気絶、、

韓国アイドルグループ SHINee ミノことチェミンホが ジョンヒョンが搬送された病院で気絶とニュースが。 SHINee のグループ ジョンヒョンがソウルの宿泊施設で倒れたまま発見されて、すぐに近くの …

桐谷健太出演のドラマ、君が心に棲みついた、第6話で視聴率はアップするか? 

桐谷健太さんが出演され、吉岡里帆さん主演のドラマ 君が心に棲みついた 第6話 が昨晩に放送されて、桐谷さん演じる吉崎幸次郎が男らしいところを見せ話題になっている。 このドラマは今、今人気の女優である吉 …

no image

山本譲二 実は喧嘩上等

演歌歌手の山本譲二氏、実はもう67歳になっておられるという、 しかしながら見ためはまあ若々しく、 さらに過去には喧嘩の仲裁に入ろうとして喧嘩になってしまったという過去があるらしい。 たしかに、日に焼け …

レゲエシンガーでもあるMUNEHIROが好きだった

レゲエシンガーとして活動しているMUNEHIROが私が若いころめちゃくちゃかわいくて、大好きだった。 まだ18歳か19歳の時のポスターがなにかの雑誌でついてきていたのを当時アメリカ留学中だった私はアメ …